50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

コンテンツを活かした転職活動をしよう

   

転職サイトのコンテンツ

 履歴書や職務経歴書の書き方は、それまでの転職回数や経歴、職種によっても異なるので、悩むひとが少なくありません。そんなときは、まず転職サイトのコンテンツをチェックすることから始めましょう。
 
 履歴書の体裁や写真の撮り方、志望動機や自己PRの考え方、職種別の職務経歴書のサンプル例などが、具体的に用意されています。
 
 そのベースを参考に、自分にしかないエピソードをいかに加えるかがポイントです。転職のプロのアドバイスには、参考になるものがいっぱいですよ。

転職エージェントを活用する

 
 履歴書や職務経歴書は、応募企業にマッチしていなければ、書類選考に通過することができません。転職エージェントを活用しているなら、キャリアコンサルタントに提供された企業情報に基づき、自分で作成した履歴書や職務経歴書を、添削してもらうのが一番です。
 
 企業の採用担当者と打ち合わせをすることも多いキャリアコンサルタントは、登録者の強みや志向性を理解したうえで、アピールすべきポイントはどこかをアドバイスしてくれるはずです。
 
 それに基づいて手を加えれば、ほかの応募者には書けない履歴書と職務経歴書が出来上がるはずです。

<関連記事>
履歴書で見られるポイント
職務経歴書で見られるポイント

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

xf0635004496l
読み込んでもらえる履歴書の書き方

①採用担当者に読み込んでもらえる履歴書の書き方    50代で転職のために応募書 …

no image
履歴書で見られるポイント

写真の印象を軽視してはいけない  履歴書は、応募者の基本情報を、企業に伝えるため …

af9920054163w
役割を意識した履歴書を作成しよう

履歴書の役割  50歳で転職活動をするにあたって、応募書類の作成は避けて通れない …

no image
職務経歴書で見られるポイント

プレゼンテーションスキルのレベルを見る    50代の求職者の場合、これまでの職 …

af9920042251l
採用担当者がチェックしているポイント

①採用担当者は履歴書・職務経歴書の何をチェックしているのか  景気回復と行政のミ …