50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

休職中の50代の転職活動はうまくいくのか

   

休職中の転職活動のリスクも認識しておこう

 50代で休職中のあなたは、その後のキャリアビジョンの見直しを迫られることになるでしょう。休職に至る理由が、勤務先の仕事内容や業務量、職場環境、人間関係だった場合、復帰した後で再発する不安を抱えることを、耐え難いと思う50代もいることでしょう。理論的には、休職中に転職活動をスタートすることはできます。

 ですが、休職している時点で、健康なときの自分と同じような判断力を持っているとは言い難いですし、勤務先の就業規則によっては、そうした行為が懲戒処分に該当する可能性もゼロではありません。とはいえ、転職活動を成功させるためには、すべてを自力で行おうと思うのは、リスクが高いです。

 転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けるなど、プロのサポートを積極的に活用しましょう。

休職した理由をきちんと説明できることが前提

 休職中に転職活動をスタートする場合、応募書類に「休職中」である旨を明記しなければなりません。これを隠して、内定または入社した場合、経歴詐称を理由に、内定取り消しや解雇に至る可能性が高まります。応募書類を受け取る企業側にすれば、「戻れる職場があるのに、なぜ戻らないのか」「通常勤務に支障がない根拠があるのか」という疑問に対し、納得のいく説明を得られれば、採用を検討してくれます。

 現職に戻ることでのリスクと、そこでなければ業務に支障がないことを、勤務先を批判せずに伝えられるように、考えて話さなければなりません。そうした意味でも、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談しながら、応募書類の作成や面接に備えた方が無難です。そして、一度復帰してから転職活動を行うことも、検討してみましょう。

<関連記事>
自分の市場価値を知る
転職計画の目安となる期間
転職活動は在職中か退職後で悩んでいませんか?

 - 転職活動を始める前に

  関連記事

no image
自分の市場価値を知る

転職活動を始める前に市場価値を調べる  転職活動は、求人探しを始める前のプロセス …

no image
転職活動は在職中か退職後で悩んでいませんか?

キャリアアップを目指すなら在職中に    50代でも、キャリアアップやハイクラス …

no image
転職計画の目安となる期間

一般的な活動期間について    40代・50代の求職者の場合、求人探しから内定を …