50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

入社前に確認すべきこととは?

      2014/09/30

入社前に確認すべきこととは?

 50代での転職活動が実って、内定が出たら、入社前に確認すべきことがいくつもあります。それは、入社後の仕事内容に始まり、就業時間、年収、雇用形態、加入できる保険などは、求人票と相違ないかどうかです。内定をもらうまでは、多数の応募者の中から選別される立場でしたから、諸条件の交渉などはできなかったでしょうが、内定した時点で、自分なりの希望条件があるようなら、交渉することをおすすめします。
 
 その際は、「年収をアップしてほしい」「雇用形態を契約社員ではなく、正社員にしてほしい」など、具体的に条件を提示するようにします。ただし、内定した企業に入社した後に、成果を見込めることが前提ですし、内容や言い方によっては内定取り消しにつながる可能性もあります。企業側にも都合や事情はありますので、双方で折り合える条件を探して、最適な着地点を探すように心がけましょう。

入社前にしておいたほうが良いこととは?

 転職で、上司も部下も働く環境もすべてが一新しますので、自分のスタイルにこだわらない柔軟性が必要です。50代の転職であれば、そのほとんどが、それまでのキャリアと実績を活かせる、同業種・同職種に移るケースがほとんどでしょうから、かつての仕事先にご挨拶をする準備などを進めておくことをおすすめします。
 
 また、取引先などの情報を収集したり、転職先の仕事内容や組織を調べておくと、自分が入社した後の仕事の準備ができます。更に、50代の中途採用であれば、経営陣に近い管理職として、若手の育成や組織運営を望まれることが多いでしょうから、経営理念やビジョンを理解しておくことも大事です。
 
 社員の平均年齢や役職者の年齢などをリサーチしておくことも、後々組織運営をするうえで役立つはずです。
 
 入社後に期待されているような成果を出せるように、関係各所に根回しを始めるなど、50代にしかできない、人的ネットワークを駆使した仕事を進めておくと安心です。自分が転職先の企業で何をなすべきかとともに、望まれる役割についても考えながら、いち早く周囲と協調して仕事ができるように、準備を進めておくように心がけましょう。

 - 内定から入社までの流れ

  関連記事

転職したいのに会社からの引き止めが!どう対処する?

引き止めをストレスと感じないこと  会社のこともよく知っているでしょうし、仕事の …

退社にまつわる手続き

健康保険、年金、税金について調べておく  勤務先を退職してすぐに転職先に入社する …

入社を見極めるチェックポイント

応募企業の情報を収集する    50代が転職後にミスマッチに気づいても、やり直す …

gf1420320407l
内定通知の対応をする際のポイント

内定通知の対応をする際のポイントとは?  50代で転職活動を行った結果、内定通知 …

途中入社する際の注意点

年長者だからこそ謙虚さが大事  経営陣が50代の中途採用者を必要だと感じていても …

af0100003714l
新しい会社のやり方の波に乗る

①入社後に注意すべきこととは?    入社後に注意しなければならないこと、それは …