50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

採用担当者がチェックしているポイント

      2014/09/30

①採用担当者は履歴書・職務経歴書の何をチェックしているのか
 景気回復と行政のミドル世代の転職支援が功を奏したのか、2014年に入り、40代以降のミドル世代を対象にした求人が増加しています。それに伴い、50代の転職もしやすい風潮になりました。ですが50代の転職は、若い世代とは異なり、いかに書類選考を通過して、面接に進めるかにかかっています。
 
 優良な求人であれば、応募者数も多くなり、大抵の企業は書類選考でふるいをかけてから、求職者の面接を行います。では、企業の採用担当者は、履歴書や職務経歴書のどこを見て、何をチェックしているのでしょうか。

 まず、企業の採用担当者が履歴書でチェックするのは、応募者の基本情報です。学歴や職歴から学力や能力を推し量ったり、転職回数を見て忍耐強いかどうかといった人間性を見極めようとします。さらに、自社で募集した求人内容と基本条件が合っているかどうかもチェックします。

 次に職務経歴書では、これまでのキャリアと実績、持っているスキルについて確認します。50代ともなれば、職務に関わる実績だけでなく、管理職としての経験も問われます。自分個人であげた成果はもちろん、組織で達成したものも含めて、目標にやいしての結果と達成率など、数値を盛り込むことが基本になります。そして、職務経歴書の書き方にも着目されます。
 50代ともなると、年代式や逆年代式で事実を羅列すると、職務経歴書の枚数が膨大になります。しかも、専門用語を多用している職務経歴書も、多く見受けられます。
 企業の採用担当者は、業界や職種に精通しているとは限りませんので、わかりやすい文章で、いかに簡潔に職務経歴書を作成するかで、ビジネススキルの高さを見極めることができるのです。
 
 読み手の立場に立って、職務経歴書が作成できれば、面接へ一歩近づくことができます。要約をつけたり、職能式で似たようなキャリアと実績をまとめて記載するなど、企業の採用担当者が読むのに苦にならないよう配慮して、作成することをおすすめします。
 また、読みやすさという点では、書面のレイアウトやフォントの使い方なども重要です。誤字脱字がないかも含めて、きちんと読み返して確認してから、送付するようにしてくださいね。

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

no image
履歴書で見られるポイント

写真の印象を軽視してはいけない  履歴書は、応募者の基本情報を、企業に伝えるため …

no image
コンテンツを活かした転職活動をしよう

転職サイトのコンテンツ  履歴書や職務経歴書の書き方は、それまでの転職回数や経歴 …

xf0635004496l
読み込んでもらえる履歴書の書き方

①採用担当者に読み込んでもらえる履歴書の書き方    50代で転職のために応募書 …

af9920054163w
役割を意識した履歴書を作成しよう

履歴書の役割  50歳で転職活動をするにあたって、応募書類の作成は避けて通れない …

no image
職務経歴書で見られるポイント

プレゼンテーションスキルのレベルを見る    50代の求職者の場合、これまでの職 …