50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

求人情報媒体を使い分ける

      2015/04/10

求人情報媒体の得意分野

 いろいろな求人情報媒体がありますが、得意分野がそれぞれ違います。勤務地や業界・職種、求人数が豊富な求人情報媒体といえば、やはり「転職サイト」です。非公開求人や独占求人など、キャリアとスキルを必要とする優良な案件が集まっているのは「転職エージェント」です。
 
 地元の中小企業や一般職の求人が多く集まっている求人情報媒体といえば、「ハローワーク」や「求人情報誌」です。こうした求人情報媒体ごとの得意分野を知って、自分に必要な情報を収集するために、併用しましょう。

求人情報媒体の活用方法

 例えば「転職サイト」に登録すると、転職市場や業界の動向、転職活動に関するノウハウ集などのコンテンツに、無料でアクセスできるようになります。
 
 履歴書や職務経歴書の書き方、面接での質疑応答に関するコンテンツは、一読の価値があるので、求人探しだけでなく、転職活動のノウハウを知る情報源としても活用すべきです。
 
「転職エージェント」は、求人を紹介してくれる際、応募企業の詳細な情報を提供してくれます。仕事内容や職場の雰囲気、選考のポイントなど、個人では収集できない情報も多いので、応募書類の作成や面接応対に役立つアドバイスをもらえます。

<関連記事>
転職エージェントを活用するポイント
求人票で押さえるべきポイント

 - 求人情報を集める

  関連記事

no image
転職エージェントを活用するポイント

転職エージェントが提供するサービスとは  転職エージェントは、一人でも多くの登録 …

no image
求人票で押さえるべきポイント

転転職サイトの求人票は用語と略語に注意  転職サイトの求人票で見るべきポイントを …