50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

転職や今後の仕事のために!体調管理や健康法は楽しく長続きさせましょう!

   

仕事がバリバリできるのは健康だからです

 体調管理によって自分の身体を常にベストパフォーマンスが発揮できる状態にしておくことは、もはや社会人の常識です。
 50代になっても仕事がバリバリできる人はとても素敵ですが、それもこれも健康な身体を持っているからこそ。

 しかし、この年代の人たちは、急に体調を崩してしまうことも珍しくありません。昨日まで健康だったのに、今日は体調が優れない。その状態がずっと続いて仕事にも集中できなくなってしまう…。
 そんなことも、よくあることなのです。

 健康を保っておきましょう。もし少しでも体調に不安があるなら、体調管理方法を見直し、元気に仕事・転職できるようにしておきましょう!

どんな健康法も「楽しい」と思えることが大切です

 体調管理の方法や健康を維持する方法には、人それぞれ向き不向きがあります。どのような方法でも、それが自分に合ってさえすればいいのではないでしょうか。

 大事なことは、その体調管理法や健康法に対して「楽しい」という、あるいはそれに似たようなプラスの感情を持てること。
 走っているのが楽しい、体重が減っていくのが楽しい、この食べ物は健康的で美味しい、よく眠れるのは嬉しいなど、プラスの感情が得られれば、その健康法を続けていくことができるはず。

 本当に健康になるには続けなければなりませんから、まずはさまざまな健康法を試し、それが自分に合っているかどうかを見極める作業を行いましょう。

目標は立てなくてもオッケーです

 もうひとつ、体調管理や健康法を実践する上で頭に入れておいて欲しいことがあります。

 目標を無理に立てる必要はありません。

 何かを始める時、多くの人は目標を立てるものです。「1日に3km走る」、「3ヶ月で体重を10kg落とす」、「半年間甘いもの禁止」、などは、健康を気にする人であれば誰でも定めるような目標の類いではないでしょうか。

 しかし、こうしたものは自分を苦しるものにしかならないでしょう。その苦しみに耐えられなくなり、すぐにやめてしまうのです。

 体調管理や健康法は楽しく長続きさせなければならないわけですから、無理に目標を立てるのではなく、できる時にできることをやる、そこから始めるべきなのです。

 - コラム

  関連記事

退職時に持ち出すものについての確認

退職時に持ち出せるもの、持ち出せないもの  転職時には、今までの会社を離れるため …