50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

退社にまつわる手続き

   

健康保険、年金、税金について調べておく

 勤務先を退職してすぐに転職先に入社する場合は、預かった書類をそのまま次の会社に渡すだけで、面倒な事務手続きは必要ありません。ですが、退職日から入社日まで間がある場合、健康保険や年金、税金に関する手続きが必要になります。
 
 健康保険は、それまで加入していたところで任意継続するのか、国民健康保険に入るのか、家族の扶養に入るのかから選択することになります。年金は、退職と同時に、国民年金の加入手続きが必要です。
 
 税金は、退職日によって対応が変わりますので、事前に確認が必要です。こうした事務手続きについても、きちんとリサーチの上、準備を進めておきましょう。

社内融資やローンの手続きも済ませておく

 
 在職中に社内融資やローンを受けている場合、退職日に一括返済しなければなりません。退職金で相殺ができるのかどうかを調べ、できない場合はほかの金融機関から借り入れする段取りをしておきましょう。
 
 また、提携金融先でローンを組み、会社が利子の一部を負担してくれている場合、金融機関に申し出る必要があります。
 
 当然、支払額が増えることになりますので、その点も金融機関ときちんと確認し、トラブルにならないように注意してください。

<関連記事>
入社を見極めるチェックポイント
途中入社する際の注意点

 - 内定から入社までの流れ

  関連記事

gf1420320407l
内定通知の対応をする際のポイント

内定通知の対応をする際のポイントとは?  50代で転職活動を行った結果、内定通知 …

途中入社する際の注意点

年長者だからこそ謙虚さが大事  経営陣が50代の中途採用者を必要だと感じていても …

af0100003714l
新しい会社のやり方の波に乗る

①入社後に注意すべきこととは?    入社後に注意しなければならないこと、それは …

pls0096109
入社前に確認すべきこととは?

入社前に確認すべきこととは?  50代での転職活動が実って、内定が出たら、入社前 …

転職したいのに会社からの引き止めが!どう対処する?

引き止めをストレスと感じないこと  会社のこともよく知っているでしょうし、仕事の …

入社を見極めるチェックポイント

応募企業の情報を収集する    50代が転職後にミスマッチに気づいても、やり直す …