50代の転職でキャリア活きる転活サポート

*

面接担当者が必ず確認しておきたいこと

      2015/10/28

質問の意図を考えて答える

 
 転職のための面接では、定番の質問がいくつか用意されています。それは、さまざまな質問を通して、企業の採用担当者が確認したい事項があるからです。
 
 知りたい内容をあえて分類してみると、「人間性や仕事観、働くことへの志向性」「職歴と実績」「転職の理由・退職の理由」「自社への志望動機」「いまできること」「入社後にやりたいこと」「今後のキャリアビジョン」「勤務に際しての諸条件」に分かれます。
 
 こうした質問が、「自己紹介をお願いします」「長所と短所を教えてください」といった、平易な質問になるのです。定番の質問は、転職サイトで簡単に調べられるので、その質問の意図を考慮したうえで、想定回答を準備しておきましょう。

50代が回答を用意しておきべき質問

 
 50代の中途採用者は、ほかの年代と比べると、突出して人件費が高い割に、在籍期間は短いというハンデを負います。
 
 そのため、企業の採用担当者に「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と、ダイレクトな質問が飛んでくる可能性が高いです。
 
 入社後に個人としてすぐに成果をあげられるのはもちろん、自分が入社することで、どんなスキルやノウハウ、人的ネットワークが補完されるのか、その結果どんな実績が見込めるのかを、語れるように準備しておきましょう。

<関連記事>
志望動機のアピール
面接のアピールが評価に繋がる
50代の転職と面接後のお礼状

 - 面接を乗り切るのに大切なこと

  関連記事

no image
志望動機のアピール

入社後に貢献できる根拠を語る    50代がほかの年代よりアピールできる点といえ …

面接のアピールが評価に繋がる

面接で好評価を得るために大切なこと    50代の転職面接の場合、ストレス耐性や …

50代の転職と面接後のお礼状

50代だからこそ、お礼状を書こう!  50代での転職は、ほかの年代に比べて、難易 …